4かずのつぶやき3

 過去のつぶやき:〜1998.12〜1999.6〜1999.12〜2000.6〜2000.12
         〜2001.6〜2001.12〜2002.6〜2003.6〜2004.12


感想など送っていただけると嬉しいです♪
用件: あなたのお名前: あなたのメール: 内容   写しを表示する


   秀の杜カルトクイズ
12月31日 「20世紀最後の更新です。といっても表には出ない(?)ので、ここだけの話です。 秀の杜カルトクイズというものを作ってみました。ここを見ているということは 結構な常連さんだと思います。いちどどれほどのものか試してみてはどうでしょう?? かなり・・・カルトなものもありますが。暇つぶしにでもどうぞ〜。」 12月26日 「う〜寒いねぇ。もうすぐ大雪が降るとか降らないとか・・・。20世紀最後のクリスマスどうでした? てか、20世紀最後最後って・・まぁそりゃ最後だけど、いつもどおり1年が終ろうとしてるだけ・・・。 21世紀って言っても、ただ例年どおり1月1日が来るだけ・・・。天変地異が起こる訳でもなければ 鉄腕アトムが作られるわけでもない。そう、ただキリストさんが死んでから2001年目になろうとしてるだけ。 ・・・で、新世紀初の更新はいつになるんでしょうか?(やっぱ”新世紀”って書くとかっこいい感じ(笑))」 12月23日 「あ〜疲れた・・・リニューアルするメリットはいろいろあるけども、デメリットも計り知れない・・・。 思いもよらぬリンクミスとか大量発生するし・・・古いリンクに飛んだら新しいリンクへ飛ぶように 転送させるのも大変だし・・・えぇ、疲れます、ほんと。でも・・・作ってる本人も、ページが新鮮に なっていい気分(笑)」 12月3日 (日本語ドメインの話) 「皆さんは日本語ドメインというものを知っていますか?URLに日本語を使えるようにしよう!という 動きが最近活発になってます。すでにドメイン登録競争みたいなのも起こっています。大企業の 会社名(住友や西武・・・etc)を個人が先に登録して後から企業に売る、ということまで起きています。 (ドメインは皆平等に早い者勝ちです)この日本語ドメインはまだテスト期間中で、実際にはまだ使えない のですが、登録費もそう高くないので、ダメ元でも取っておく価値は十分にあります。個人的には、数年後 日本語ドメイン、厳密には多言語ドメイン(日本語だけでなく韓国語や中国語、アラビア語など)が当然の ように使われていると思っています。また、そうであって欲しいと思います。先ほど書いたように、 ドメインは早い者勝ちなので、早速俺も取ってみました。  ドメインを取るには代行業者に依頼します。依頼する業者によって価格がまちまちなので、よく選びましょう。 俺はWORLDNIC-JPお名前.comで、2つのドメインを取りました。価格はWORLDNIC-JPが4980円/年、お名前.comは 3600円/年です。なぜ2つの業者に頼んだか・・・価格だけ見ればお名前.comだけでいいんですが、まだテスト 期間中ということもあり、1つの業者に託すのが抵抗あっただけで、特に深い意味はありません。 登録後、WORLDNIC-JPからはすぐに「登録しました」というメールが来ました。お名前.comの方もすぐに メールは来たんですが、「お客様ドメインは現在登録保留中です。登録完了後に再度メールをお送り いたしますので、登録完了までしばらくお待ち下さい。」というメールでした。どうも、お名前.comは 知名度があるせいか、登録が殺到していて時間がかかるそうです。まぁ保留してくれているのでそのうち 登録されることでしょう。  ちなみに取ったドメインは・・・内緒(笑)」 12月2日 「このページの上下に感想用フォームをつけたら皆さんから感想が来るようになりました。 ありがとうございます〜〜!でも・・・まだ風邪で死んでるので返事がかけません・・・。 あと突然ですが、数日以内に秀の杜を休止状態にします。すぐ再開するけどね。ではまた 布団に潜って安静にしてきます・・・。」 11月29日 「風邪を引くと人が恋しくなるもんですなぁ・・・」 11月19日 (オークションの話) 「最近というか、去年ぐらいから(?)ネットオークションが流行ってますね。日本ではYahooオークションが 一番大手でしょうか。要は個人売買をオークション形式でやるというものです。個人売買で、しかもネット経由 でなんて、不安の塊で詐欺が巣食ってるに違いないというイメージを持ってませんか?俺だけでしょうか。 俺は持ってました(笑)”入金しても返事が来なかったらどうしよう”、”品物を送った後にクレームばかりきたら どうしよう”・・・など不安は尽きません。ましてやネット経由。もう不安で不安で仕方がありません。 (実際、プレイステーション2を売ります、という出品が実は詐欺で警察沙汰になったりもしました) しかし・・・俺の友人はすっかりオークションにはまったクチで、その友人によれば”リスクはないとは言い切れないが 安くていいものが入手できる&高くて物が売れる”とのこと。そして、俺もちょうど売りたいと思っていたのです。 ではちょっとYahooオークションの体験談を・・・。  売りたいものは往年の名機(?)東芝製の小型パソコンLibretto50。1年間ぐらいこれで秀の杜を作ってきたという、 なんとも思い出深い品でもあります。1Kg以下なので持ち運びもしやすく、手放すのは惜しかったんですがe-oneを購入 したため(11月10日参照)不要になり、このまま放っておいても無駄なので売ることにしました。最初はもちろん パソコン専門店などに売るつもりだったんですが、買取価格が2万円程度なので踏ん切りがつかず・・・そうしていた ときにこのオークションのことを聞いたのでした。うまくすれば3万円ぐらいで売れるかな?と期待しつつユーザー 登録・・・。  まずはYahooオークションでのLibretto50の相場を調べました。数点出品されていましたが、高くても3万円程度。 2〜3万円が相場みたいです。中には入札されずに何度も出品している物もいくつかあるようです。もうLibretto50 自体需要がないのか・・・?  そこで俺は付加価値を付けることにしました。実際に書いたLibretto50の宣伝文句は以下です。 ---------- 急にお金が必要になったので即決で出品します。Libretto50の基本性能についてはこちらをご覧ください。 この基本性能に加えてメモリ16Mb増設(合計32Mb)、HDDを1.6Gbに換装(元の810MbのHDDもあります) 復旧用のWin95セットアップディスクもあります。(すでにHDDにコピーしているので再インストールも簡単に できます) このLibretto本体に加え、純正FDD、大容量バッテリーパック、56Kbpsモデムカード(IO DATA PCML-K56f)、 SCSIカード(アルファデータ AD-PCS2)をつけます。 さらにご希望の方には2倍速(4倍速かも)のSCSI CD-ROMドライブとこのリブレットの写真を撮った デジカメ(SEGAの出したDIGIOという25万画素、スマートメディア2Mbを2枚)とPC接続キットもつけます。 (室内が暗かったため、鮮明に写せてませんが明るさがあればもう少し綺麗に撮れます) 尚、使用状態ですが、Librettoはシールが一部はがれ掛けています。(当然動作には問題ありません) また、最初にも書きましたが急に必要になったので開催期間は2日間にしました。 これら一式ワンセット、どうぞよろしくお願いします。 ---------- (ちなみに写真はこれこれです)  これで25000円から出品、4万円になった時点で即落札、期限は2日間という形にしました。即決の形にしたのは オークションは締め切り間際でないと入札されない傾向が強いので、余り長くしても意味がないと思い、短期間に 設定しました。また、初オークション・初出品なので長く出品していたくなかったというのもあります(^^;)  初の入札は出品から24時間後でした。入札価格は27000円。ちょっとがっかり。目標3万円!誰か買って〜〜と 祈りまくってましたよ、出品してからは(笑)オークションを始めると10分ごとに入札されてないかチェックする というのは本当ですね(笑)以前雑誌にもそういう体験談が書いてありました。  次の日、見てみると・・・え?終了?やば・・寝過ごしたか?入札寸前に、友人に価格を吊り上げてもらおうと 密かに企んでいたのに・・・(笑)しかし、よく見ると希望落札価格の4万円で入札した人がいたので終了したのでした。 27000円でもいっか〜・・・と諦めかけていたのに、これは嬉しかったな〜。ほんとドキドキもんでした!  さて、ここからが一番の山。詐欺・誤解・トラブルを減らすために相手と密接にメールでやり取りする必要が あると言い聞かせて・・・。結果から言うと無事に入金>発送>受取が済みました。こちらは入金してもらう 側なので、ある程度気は楽でしたが。それでも、見知らぬ人に住所や名前、電話番号などを教えるのは少々 抵抗がありました。しかしこれは相手の不安を消してあげるためにも必要なので、ヘタに隠すと逆効果です。 入金までにやりとりしたメールの数は6通。内容はお互いの連絡先、商品の状態などの説明でした。向こうは オークションに慣れてるらしく、たいした問題もなくスムーズに話は進みました。  こうして俺の初オークションは終了しました。いきなり出品側でしたが(^^;)今度は掘り出し物を見つけて いい買い物でもしたいと思っています。まだトラブルに会ってないから言える事ですが・・・オークションは 有効に利用した方がいいですよ!あの興奮はなかなか味わえません(笑)」 11月18日 「今まで19(じゅーく)ばっかり聞いていた俺ですが(”やさしい激動”や”テーマソング””3分間日記”など 最高にオススメ!!)最近ポルノグラフティとゆずにハマりそうな気配・・・。この3アーティストはなんとなく 曲調似てますよねぇ・・・??ん〜良い曲探そうっと!」 11月10日 「えーこちらの更新も1ヶ月ぶりですか・・・。あれからいろいろなことがありました。 ・CD-R12倍速 BurnProof対応(詳しくは2000.7.30を)を買いました。何をしながらでも素早く焼いてくれます♪ ・メモリを128Mb増やしました。今メモリ史上最安値です!ぜひ買っておきましょう。ちなみに128Mbが8000円以下です。 ・CPUもCeleron633をクロックアップ(詳しくは2000.8.18を)して790MHzで動作できました。速度差は体感できません(笑) そして・・・友人からe-oneというPCを購入しました。サーバー用のPCに仕立て上げるつもりです。(いずれは 秀の杜の全コンテンツをe-oneに移そうかなとも思ってます・・・)e-oneはソーテックの商品で”安かろう、悪かろう” というイメージがありましたが(実際そういうのが多い・・?)このe-oneは大満足です。ちゃんと普通に動いて くれてます。音も静かだし・・・ありがとう!>Akik○さん」 10月7日 「今世紀最後の日本シリーズは長嶋ジャイアンツと王ダイエーという、夢のようなカードになりましたねぇ。 阪神ファンといえども(えぇ、野村監督は来季も続行です!!)この組み合わせは単純に喜ばしいです。 ま・・・今世紀最後ぐらいうさぎにも晴れ舞台に上げてあげないとね(笑)  21世紀優勝第一号は絶対に虎が頂きます!!(えぇ・・・絶対に・・・)」 9月30日 「え〜誰かさんから”かずさん、つぶやいてください”とのリクエストをいただいたのでつぶやきます。                 風邪で苦しいぃ〜・・・・・・・                」 9月24日 「ついに巨人が勝ってしまった・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。 せいぜい日本経済を盛り上げてください。」 9月8日 「ちょっと前になりますがWin2000用の修正ファイル(Service Pack1)がでました。  →http://www.microsoft.com/japan/windows2000/downloads/recommended/sp1/  で、今回はそのWin2000の話じゃなくて・・・このファイル、87Mbもあります。マイクロソフトは CD-ROMでの郵送サービスもやってるようです。(1050円)しかし!!せっかくケーブル回線になった ので、最速ダウンローダーFlashGetを使って5分割で落としてみました!結果は・・・こちら。 見てもらえればわかりますが・・・恐ろしい速度です。ちょうど半分を落としたときの画像ですが・・・ 44Mbが2分ほどで落ちています(笑)速度は363.46Kbps!!ISDNは理論上64Kbit=8Kbpsなので・・・ 約45倍!!ん〜〜ここまで速かったらもう満足以外何もないですなぁ・・・。 最後に・・・Win2000SP1はぜひインストールしておきましょう>Win2000ユーザーの方」  9月3日 「ついについに・・・!!ついに明るいニュースが!!わかる人にはこれを見てくれれば わかることでしょう!うぅ〜〜ついに〜〜〜!!!(T-T)」  9月2日 「・・・情けないことに気づいてしまった・・・。数日前からHDDが怪奇音を出すのでこの前 買い換えたばかりだが・・・またあの音がする!!HDDのメーカーも違うし、これはおかしいだろう と思い、いろいろと調べてみた結果・・・どうやら怪奇音の正体はHDD用のファンの音だった らしい・・・。夏になって温度が高くなってくるのでファンを付けたのだが・・・そのために 聞きなれない音を”HDDの故障の前兆の音”と認識してしまった・・・。はぁ・・・こんな ことで無駄な出費をし、今までのメールを消してしまい、Windowsを復旧させ・・・あぁ・・・ 今回の勘違いはかなりの被害です・・・。まぁ・・・これも1つの経験として俺の頭脳に蓄積 されると思えば・・・(←苦しい負け惜しみ)  最近のつぶやき、”・・・”が多いな・・・(笑)」  2000.8.30 「27日、HDDを買い換えた。全ファイルを新しいHDDにコピーし、古い(奇怪音を出すHDD)のを 売った。するとWin2000が起動しなくなった。困った。仕方がないのでWin2000を入れなおした。 以前の環境に戻すのに2日かかった。しかしなぜかメールとICQとユーザー辞書のバックアップを とり忘れ、現在落ち込み中・・・。あぁ・・・ネットを始めて数年。今までのメール何千通が 消えてしまった・・・。」  2000.8.26 「最近HDDから奇怪な音が聞こえてしまう・・・。空耳であってほしいが、空耳で通すとあとが 怖いので、手遅れ(HDDが完全に壊れる)にならないうちに買い替えに行ってこよう・・・。 あぁ・・・!!また金属が擦れ合う音が!!ヤメテーーーー!!」  2000.8.25 「ついに任天堂の次世代機(コード名ドルフィン)が発表されたようです。正式名称は ”NINTENDO GAMECUBE”・・・っておい待て。CUBEって・・・本体デザインも15cm四方の 正方形でサイコロ型のような感じ。名前もCUBE・・・これって明日発売されるAppleの Power Mac G4 Cubeじゃん・・・。このMacもCobalt Networks社のQubeっていうホスティング サーバーを真似たとか言われて商標侵害の疑いがあるとか言われてるのに・・・。  ん〜次のブームはサイコロ型、流行語はキューブか!?(それにしても任天堂のはなんて 略すんだろう・・・。やっぱりキューブだろうか・・・。ちなみに来年7月に出るそうです。)」  2000.8.23 「ついこの前(今年の3月8日)に1000MHz(1GHz)のCPUが発売されたかと思いきや、製造元の Intelは昨日2000MHzの駆動のデモを行ったそうです。しかも次世代CPUであるPentium4!ただ、 2000MHzが発表されたとは言え、デモなので一般発売は当分先の話。(それでも来年には出てる ことでしょう・・・)  Pentium4になって何がすごくなったのか。SSE2という新しい命令が追加されたみたいです。 DVのビデオストリームをリアルタイムでデコードして画面表示しながら、それを同時に ソフトウェアでMPEG2エンコードをする、という実験をPentium4/1400MHzとPentiumIII/800MHz の2つで行ったそうです。結果、Pentium4ではコマ落ちせず満足に動作したものの、PentiumIII ではコマ落ちがひどかったそうです。現在高性能とも言えるPentiumIII/800MHzでも苦労する 作業をPentium4は軽々とこなすのはすごい・・・。でも性能の差はわかるけど、こんな無茶な 使い方、誰かするの?(笑)  しかし・・・数年前最速最高値の座を誇っていたPentium133MHz搭載パソコン(当時30万円 なんて軽く超えてた)が今やゴミ扱いだもんなぁ・・・。搭載HDDは850Mbが主流でした。 850Mbが3,4万円はしてました。850Mbなんてそれこそチリ同然のファイルでもすぐ埋まってしまう。 それでも当時は大きな不満はなく操作してたんだよなぁ・・・。んー信じがたいなぁ・・・(笑) 秀の杜の全ファイルだけで300Mbはあるんだから・・・当時のパソコンでは秀の杜を作ること 自体難しかったのかな・・・(笑)んーこの業界、ほんと進歩早いです!  あ、でもMacはちょっとゆっくりかな。Windows系のパソコンが133MHzの頃はMacは120MHzぐらいで いい勝負だったけど、今やPentiumIII/1130MHzがでている最中、Macは未だに500MHzでくすぶって いますねぇ。やっぱAppleも競争相手を排除しない方がよかったんじゃないの?ねぇ?  最近コレ系のつぶやきばっかだな・・・(笑)」  2000.8.19 「今日山形の友達から・・・いや、もはや親友と呼ぶべき友だ。というのも、蕎麦を送ってくれた のだ。それは全く予想していなかったことで、それだけでかなり嬉しかったのだが・・・  今まででの最高位に値するほど美味かった!! 届いて即開封してみて思ったことは、麺が太いなぁということ。3人分が2つ、計6人分の麺が入って いて、仕方が無いので1つを開封して3人前を1人で食べることにした。不味かったら・・・ それこそ捨てるつもりで・・・。しかし!しかぁしっ!!今まで食したことが無いような食感!! 茹でたり無いんじゃないかと思わせられるぐらいのコシ!!汁も固めの麺に合った濃い味! (これはただ薄める量が少なかっただけかもしれないが)このとき初めて本当の蕎麦に出会えた 気がした・・・。通販してでも購入したいと思わせられた一品だった。ん〜蕎麦好きで良かった・・・!! 山形バンザーイ!ありがとう山形!ありがとうザル蕎麦!ありがとう送ってくれた友よ!!(笑)  昨日クロックアップしたが、今のところ特に異常はなし。念のため、CPUをフルに働かせてπを 求める計算をさせてみた。πとは小学生で習った円周率のことで、3.1415926535・・・と延々と 続く数字のことだ。(円の面積の公式を即答できますか?πx半径2ですよ(笑))1995年に 東京大学金田研究室が42億9496万7296桁まで求めて世界記録になったそうだ。そのソフトを使って 俺のパソコンでπを求めさせてみた。無事求めれたらクロックアップも成功ということになるだろう。 ただ、このソフトは3355万桁までの機能限定版らしく(それでも十分だが)3355万桁を求めるだけでも 何時間もかかってしまうので、838万桁まで求めることにした。結果・・・無事計算終了!ちなみに計算に 45分2秒かかりました。838万桁のテキスト欲しい人いますか?え?欲しい?んじゃどうぞ(笑) (ほんとに欲しい人いるんかいな・・・(笑))」  2000.8.18 (クロックアップの話) 「クロックアップという行為をご存知ですか?ある程度パソコンマニア(笑)になってくると 耳にする言葉です。パソコンの重要な部品の1つにCPUがあります。(CPUという言葉自体は もはや常識になりましたね)このCPUの速度(クロック:MHz)を無理矢理上げてしまうことを クロックアップといいます。当然保証外の速度にしてしまうので改造行為になり、壊れてしまう 可能性もあれば、不安定になったりすることもあります。それでも速度を求めるスピードジャンキー(笑) はそんなリスクに怖気づくことなくクロックアップを試みます。今まで俺はパソコンは安定 しないパソコンは使えない!という持論の元、クロックアップ行為を拒否してきました。 しかし・・・とある友人が”Celeron566MHzが850MHzで安定動作するぞ。もしかすると952MHzにも いけるかも”と言い出してきたのです!CeleronとはCPUの名前で、よく聞くPentiumIIIの 安物版とでも言えばいいでしょうか。Celeron566MHzは現在12000円ほどで買えると思います。 それが850MHzで動くということは・・・PentiumIII850MHzにほぼ近い性能になるということです! ちなみに現在PentiumIII850MHzは48000円ぐらいでしょうか。もし952MHzで動いたならば PentiumIII933MHz以上の性能を持つことに・・・!(ちなみにPentiumIII950MHzはなく、933MHzは 7万円はします)ちょっとした改造で4倍(952Mhzで動いたなら6倍!)もの値段のするCPUと同じになる! ・・・ここまでおいしい話を誰が聞き捨てできるでしょう!えぇ、俺はできませんでした!(笑)  そんなわけで、今までの持論をかき捨て、クロックアップに挑戦してみることにしました。 現在の俺のCPUはPentiumIII450MHz(15000円相当)、PentiumIIIの中で一番初期型のやつです。 これをどこまでクロックアップできるかは運任せです。(同じPentiumIII450MHzのCPUでも、発売された 時期などによるので個体差がある)運のいいCPUでは450MHzが716MHz(24000円相当)にまで クロックアップできるとか。そこまでは望まなくとも、600MHz(22000円相当)ぐらいにいけばいいなぁと 期待に胸を躍らせ・・・クロックアップの方法などは省略しますが、結果的には560MHz(18000円相当) まで動作を確認しました。あとは長時間何事も無く動作してくれれば安定動作認定ということになります。 あまり上げすぎてCPU自体が壊れるのも怖いので、当分は560MHzで動作させることにします。  やったー!15000円相当から18000円相当にまで釣り上がったぞ〜!!・・・って全然嬉しくない・・・。 さらに体感的な速度の変化も全く感じられません。たかが1.24倍上がっただけ・・・感じないのも しょうがないかな・・・。  HDBENCHというパソコンの性能を数値化してくれるソフトを使ってクロックアップ前と後の性能を グラフにしてみました。グラフではかなり性能アップしてる用に感じるんだけどなぁ・・・。 (数値的に2割程度上がっています)ん〜違いが分からないなら・・・450MHzに戻す日も近い・・・?(笑)」  2000.8.14 「明後日16日ぐらいからMLの仮運用会します、たぶん。MLが好評で盛り上って、 予定通り月末にケーブル回線で24時間つなげるようになったら本格運用するつもりです。」  2000.8.11 「今日、自前のML構築に成功!テスト運営もOK!あとは参加者を募るのみ!」  2000.8.5 「今らっし(IRCネーム:LEMO)の家に居ます〜。昨日までは夜魔(IRCネーム:YAMA)さんの家に お世話になっていました。もうしばらく東北を観光した後戻る予定です〜。  ネット上で知り合った顔も姿も知らない友達の家にいきなり泊めて貰うというのは、今までには なかなかなかったことだよなぁ。インターネットによって人との付き合い方・出会い方が変わって きたなぁと改めて実感しました。」  2000.7.31 「これから東京・仙台・山形に行ってきます〜。リニューアル後、なにもできないけど、 メールとIRCは旅先でもやるかも・・・?1週間ぐらいで戻る予定です。」  2000.7.30 (BURN-Proof搭載CD-Rドライブについて) 「今一番欲しいパソコン周辺機器はなんでしょう。プリンタ?スキャナ?それらよりも もっとお勧めの周辺機器があります。それはCD-Rドライブです。  一昔前はバックアップといえばフロッピーディスクがメインでしたが、肥大化した現在では 1.4Mbしか入らないフロッピーでは何百枚あっても足りるものではありません。そこで バックアップ用としてMO(128Mb、230Mb、640Mb、1300Mbなどの種類がある)が広まりましたが MOドライブを持ってないと読み込むことが出来ない、つまり簡単に他の人へデータを 配ったりすることはできません。そこでCD-Rの登場です。これはCD-ROMドライブさえあれば (最近のものでCD-ROMがついていないパソコンなんてポータブル用のノートパソコンぐらいでしょう) 誰でも読み込めるので、簡単に他の人へデータを配れます。また、音楽用CDも作ることができ CDラジカセなどで再生することも可能です。容量も1枚650Mb(フロッピー)で約450枚分です。 しかも空CD1枚が100円程度で買える価格!これからも、DVDの時代を迎えようと、しばらくは CD-Rがバックアップ用として、データ配布用として主流でありつづけることでしょう。  しかしCD-Rにも多少の欠点があります。それはCDを焼く(CD-Rは記録する際にレーザーを照射して 空CDに焼き付けることから、CD-Rで記録することを”焼く”という表現を多用します)には それなりの性能を持ったパソコンでなければ失敗してしまうということです。最近のパソコンでは ほぼ大丈夫といえますが、ちょっと古いパソコン(2〜3年前)だと時には失敗してしまいます。 原因はCPUの処理が遅かった場合、CD-Rにデータを転送するのに追いつかないからです。 失敗するとどうなるか・・・もう一度焼きなおし、失敗したCDは捨てるか投げて遊ぶしかありません(笑) 過去、失敗しないために様々な工夫(制限?)をしてきました。CD-Rで焼くときにはスクリーンセーバー や常駐ソフトを切り、起動しているソフトももちろん終了させ、HDDのデフラグを済ませ、念のために 再起動をする・・・。CD-Rで焼いている間は10〜20分は一切パソコンに触れず、マウスカーソルも 微動だにさせない・・・極力パソコンにはCD-Rだけに集中させて焼きミスを防いできました(ちょっと 大げさかな?(笑))しかし今でも失敗が怖くて、CD-Rで焼いている最中は極力何もしないという 人は多いと思います。俺もそうです。失敗してやり直す時間ももったいないので、極力失敗しないように 焼いている最中にはパソコンに触れません。しかしこの触れない時間を持て余すことが多い・・・。 CD-R専用機がほしいぐらいです・・ほんとに(^^;)  今年初めぐらいから(?)、そんなCD-Rユーザーの煩わしさを消し飛ばすような製品が開発されました! BURN-Proofという機能がついたCD-Rドライブは何があろうと、何が起ころうと決して失敗しない という触れ込みです。各雑誌でも話題になりました。現在のCD-Rドライブの平均価格は2万円程度ですが この機能がついたものは4万円ぐらいします。それだけすごい機能なんです。これで焼いている最中に HPを見たりメールを見たり、ゲームしたり・・・気兼ねなく今までどおりパソコンに触ってられます。 ・・・のようなことが雑誌に書いてたんですが、実際にやってみるまでは信じ難いもの。通常の倍の価格 の価値は本当にあるのか、絶対に失敗しないのか・・・これを検証できる機会がつい昨日あったので 紹介します。検証にご協力&俺を信じて高いCD-Rを買うことを決断してくれたS○r○さんに感謝します(笑)  まずパソコンの性能(と説明)   CPU:PentiumIII 800MHz(←かなりいいです。俺の周りではこれ以上のCPUの人は見たことないです)   メモリ:128Mb(←平均的です。最近メモリがまた高くなってきました・・・)   HDD:Quantum製41Gb・ATA/100(←超最新技術のATA/100です!)   マザーボード:Abit製SE6(チップセットi815e搭載のこれまた新技術新製品!)   CD-Rドライブ:IOデータ製CDRW-SB124BG(BURN-Proof機能対応、SCSIで最大12倍速書き込み)   CD-Rライティングソフト:B's RecorderGOLD1.66(標準でついていたソフトです)   OS:Windows2000 Professional(Win2000を使うと、もうWin98には戻れません・・・)  さて、検証方法ですが・・・いたって簡単。焼いている最中にパソコンに無茶苦茶な使い方を するだけです(笑)焼くデータは合計400Mb強のムービーとMP3ファイル。焼きこみ速度も速ければ 速いほど失敗しやすいものですが、検証のため当然最速の12倍速。さらにファイルのいくつかは 他のパソコンの中にあるファイルをLAN経由で転送して焼きこみ。LAN経由で焼くこと自体無謀 なんですが、これも検証のため・・・。  焼きこみ開始!LAN経由のファイルの時点で失敗するのが今までのCD-Rでは当然なんですが・・・ なにごともなく焼いている模様。この時点ですでに驚きモノですが、さらにCD-Rをイジメてみました。 いきなり焼いてる真っ最中のムービーをMediaPlayerで再生!カリカリとHDDが音を上げつつも 普通に再生。いつも通りムービーは流れています。で、CD-Rは・・・これまた何事もなく焼いています。 MediaPlayerを起動中に失敗するはずが・・・。さらにイジメ続行。今度は全画面を使うAOKという 高性能なパソコンを必要とする処理のおも〜いゲームを起動!わかる人はわかるでしょうが、コンピュータ 7人を相手にプレイ開始!さすがにかなり重いです。画面もかなりトロトロ・・・。さすがにここまでCPUを 使い切っていたらCD-Rも・・・画面切り替えで失敗していないか確認。なんと黙々と着実に焼いていました・・・。 もうこうなればヤケでIEを5,6個一気に起動しOutlookやFTPソフトやその他多数のツールを一気に起動!さっき までのMediaPlayerやAOKも動作中・・・これでどうだ!CPUもヒィヒィ言いながら100%フルに動いてるぞ!IEが 1個起動するだけで5秒かかってるぐらいCPUは処理に追いついていないぞ!焼きミスをする際の原因はさっきも 言ったとおりCPUがCD-Rへのデータ転送に追いつかない(=処理できない)ことが起こるからです。ここまでCPUが 他のことへの処理で忙しければ、CD-Rは絶対に焼きミスします。(というかWin2000じゃなかったら・・・Win98なら フリーズしてますね・・・)・・・しかしそれでもこのBURN-Proof機能がついたCD-Rドライブは・・・俺の壮絶な イジメにくじけることなく無事に任務を全うし1枚のCDを見事焼き上げました。・・・俺の完全な敗北です。 このCD-Rは本当に何があっても確実に焼いてくれることでしょう・・・恐るべしBURN-Proof!!  値段は倍しますが、これからCD-Rを購入予定の方はBURN-Proof機能搭載のものをお勧めします。 OSがフリーズしない限り100%焼きこんでくれることでしょう。」  2000.7.27 「なんとネット上の覇者AOLと国内携帯電話のトップNTT DoCoMoが事業提携!AOLはICQや ネットスケープナビゲーターなどを持ち、会員数2300万人を誇る巨大プロバイダ。年内に タイム・ワーナーと合併し、それこそMicrosoftよりもこっちをなんとかしないといけないんじゃ ない?と思うほどでかい企業。AOLは今回の提携でi-modeの技術を取り込み、インターネットと 携帯電話をうまく融合させるのが目的だとか。ICQだけで十分インスタントメッセンジャーの 地位を確保しているのに、さらに携帯まで・・・。DoCoMoはAOLのコンテンツをi-modeに 加えてさらなる充実を目指すそうです。ん〜ますますDoCoMoが独走しそうな・・・。  でも携帯電話がICQみたいな機能を持ったら、使いようによってはすごく便利になるかも。 電話かけるときって、相手が忙しくないか気になるじゃない?ICQみたいな機能がついて、 携帯電話を見るだけで、相手が忙しいか、暇か、離席してるか、寝てるか・・・状態が わかったら便利になるかも・・・。たしか来年から次世代携帯電話で世界中で使えるように なるんでしょ?だったら、そういう機能がついてたら、時差とか気にせずに 相手が暇そうなときに電話できるし。今後・・・携帯電話はどうなる!?」  2000.7.25 「今日久々の更新です。前回から3週間以上・・・ん〜ちょっとペース落ちてきたかな(^^;)  数日前からメーリングリストのアンケート取らせてもらっています。コメントもいろいろ 書いてくれてます。中には励まされるようなコメントもあり、嬉しい限りです。MLをやろうか と思ったのはオフィシャルが閉じてしまったからだけではありません。つぶやきの愛読者(?) なら知っているかと思いますが、以前からやってみたいなと思っていました。(2000.1.27参照) 2000.7.12にも書いたとおり、常時接続の環境が得られそうなので、24時間サーバーを動かした MLも可能になります。だったらいますぐMLやろうよ!と言う人もいるかもしれませんが・・・ 果たして本当に皆参加してくれるのかな?と不安になりまして(^^;)アンケートを取らせて もらったんです。(参加の無い掲示板やMLほど寂しいものはないので・・・)中間報告としては 予想以上の人が参加意思を持ってくれています。これだけの人数が参加してくれるなら やってみたいとは思うんですが・・・新オフィシャルのMLも気になってしまうんです。(弱気だな・・・) もし新オフィシャルのMLが会員制(hide-city入居者のみ、など)なら即秀の杜でMLをするつもりです。 (新オフィシャルの”有料”というのは賛否両論あれど、俺は好きになれません)  もうしばらく・・・様子見させてください(^^;)」  2000.7.19 「今日は弐千円札が出まわる日です。新札は42年ぶりだとか。で、早速銀行で 両替しに行ってきました(←新しモン好き)両替の際になぜか名前と住所を書くように 言われたのは納得行かなかったけど、そこはがまん・・・(笑)両替してきましたよ、えぇ。 ん〜手に取った時はなんか・・・違和感あったなぁ、やっぱり。大きさは横幅が千円札より ちょっと長い程度。水平にしてみたら浮かんでくるという”NIPPON”という文字も確認 しました!(笑)で、その新札は、まだまだ自動販売機やATMに対応せず、来年までかかる そうです・・・。業界ではこの弐千円札への対応について”Yen2K(エン・ツー・ケー)問題” と呼んでいるそうな(笑)」  2000.7.12 (今回長いよ、暇なときどーぞ) 「俺は・・・金の使い道はほぼパソコン関係に費やしている。服とか食事とか・・・ 多少なりとも使うが、それに比べるとごく小額だ。長年の憧れだった(?)パソコンの 自作を達成してからは、その傾向がますます顕著になってきた。そして今も、これからも この傾向は変わらないと思う。現に、最近はハードディスク・メモリの増設やCD-Rの買い替え、 キーボードの新調(キータッチの良いキーボードがほしいな・・・)など、その欲望は とどまる事を知らない。 しかし!しか〜し!!今一番欲しているもの、金をつぎ込みたいものはこれらではない!! ずいぶん前から、それこそ猛烈に手に入れたいものがあった。そして・・・どうしても 手に入らないものだった。それはインターネットへの常時接続!!  ネットに長時間接続する人は固定制のプロバイダとNTTのテレホーダイに加入している方が 大半だと思う。もちろん俺もその中の一人だ。しかし・・・この形態だと、23時から翌8時と 非健康的な生活になりがちだ。昼間に寝、夜に目覚める・・・こんな生活は本来の人間の サイクルではないはずだ。そこで最近出てきたのが24時間テレホとも言えるNTTのフレッツ・アイ (旧称・IP接続)というサービス。これは月額4500円払えば24時間いつでも、どれだけ接続しても 4500円で済むというもの。当然別途プロバイダ料金も必要だが、プロバイダ料金も含め、7000円程度 払えば、通信インフラの乏しい日本国でも欧米のように個人も常時接続が可能になる。24時間 つなぎっぱなしでも可能だということは・・・24時間IRCに常駐したり、メールを5分おきに 受信チェックしたり、自分のパソコンで自宅サーバーを設置したりなど夢のようなこと(?)も 可能になるということだ。常時接続してこそインターネットを最大限に利用できるというものだろう。  常時接続にはケーブルテレビを利用したものもある。むしろ、こちらの方が先駆者で常時接続の スタンダードだ。月額6000円前後のみでISDN(フレッツ・アイはISDN)とは比較にならないぐらいの 速度で24時間常時接続ができる。となれば、フレッツ・アイよりもケーブルテレビの方が良いか、と なれば一概にもそうは言えない。ケーブルテレビ局にもよるが、グローバルIPではなくプライベートIP でもって接続させられるところがある。グローバルIP(普通にISDNやアナログで接続している人はまず グローバルIPだ)ではなくプライベートIPだとどうなるか。通常のHP巡回やメールなどは問題ないが 例えばネットゲームなど、IP(210.170.162.0とかね)を使って直接接続するものは利用できなくなる。 最近聞くようになったが、IRCでファイルの送信ができないというのもこのためだ。  また、ケーブルテレビは地域によって利用できる無いところがある。 (いや、できない地域の方がはるかに多いが)現在着実にその提供エリアを広げているが、まだまだ カバーしきれていない。その点、フレッツ・アイは全地域をカバーする予定ではないらしいが(これは 残念だ、本当に・・・)それでも大半の地域にサービスを提供していくことになるだろう。 現在は東京・大阪を中心に提供し、今後各政令都市などに提供していくそうだ。今年中には結構な範囲を カバーすると思われる。該当する地域の人はサービスの導入をお勧めします。(ただ、注文が殺到していて 1ヶ月待ちのところもあるとか・・・)ちなみに該当地域はこちら → 東日本西日本  そんなわけで、去年年末あたりからは俺の次の金の使い道は常時接続に決まりだった。 ・・・だった・・・そう・・・”だった”のだ・・・。速度がISDNの10倍以上のケーブルテレビが 第一希望だったが、うちの地域では提供されていない。田舎すぎるからだろうか・・・。(そもそも 日本ではケーブルテレビは民放放送の難視聴地域のために発展してきたんじゃなかったのか?うちの地域は 民放放送が見れないほどじゃないが、田舎だぞ!ケーブル引いてくれ!!(笑))東京などはケーブルテレビでの インターネット接続が最初に提供されたり(東京なんて難視聴地域なんかではないじゃないか!)、ADSLが 提供され始めたり(ADSLってのは簡単に言えばISDNの速い版みたいなもんね、ちょっと違うけど)、無線で 接続できる計画があったり・・・なんで東京ばっかなんだよ!!そんなに東京って偉いのか?ん? 巨人が一位だからか?阪神がビリだからか?(今年こそはと思っていたのに・・・)4割を果たそうとしている イチローがいる兵庫にももっと最新技術を注入しろ!!(笑)  話がそれたが・・・現在うちの地域ではケーブルテレビどころかNTTのフレッツ・アイも利用できない・・・。 2000年度内の予定地区にも入っていない・・・。早くて来年以降、最悪サービス提供地域外・・・。これを 知ったときほど今のこの田舎を恨んだことはない・・・(T-T)ちくしょ〜!日本経済が東京を中心に 回ってるなら東京に住んでやる!!(嘘)大阪弁も捨てて東京弁も話してやるぞ!!(大嘘)ついでに巨人の ファンになって東京ドームに行って長島監督を崇拝してやる!!(超大嘘)  そんな自暴自棄に入りかけていたところ(昨日までは現にそうだった、いや本当に)、今日家の近くを 歩いてたときのこと・・・なんか電柱に人が登って配線の工事をしてたのが目に入った。近くのトラックを 見たら・・・なんとJ-COMというロゴが!!J-COMってのはうちの地域を担当しているケーブル会社。 も・・・ももも・・・もしかしてついに家の地域にケケケ・・・ケーブルがぁぁぁぁ!!!!!????? 嘘!?まじで!!??ほんとに!!!???居ても立ってもいられなかったので、即J-COMに電話。すると・・・ ”現在そちらの地域で工事に着手しました。サービス開始は夏か秋頃です。 との返事が!!!!感無量・・・!!(TДT) ついに俺にも常時接続が〜〜〜!!しかも高速な接続〜!!うぅ・・・めちゃめちゃ嬉しいよ〜〜!! これでIRCにもボットを常駐させたり、自宅サーバーでほぼ無制限にファイルを公開できたり、CGIベースの Webチャットも自宅サーバーで実現できるだろうし、なんならサーバー用にもう1台パソコン作って、 本格的にWebサーバーやメールサーバーの構築して、メーリングリスト等もこれで実現できるようにして・・・ ますます秀の杜も充実することでしょう!(たぶん)常時接続でしか出来ないようなこともやっていきます! これで・・・もうこれでテレホのために夜更かししたり早朝に起きたりせずに本来の生活サイクルに戻れるんだ・・・。 某ネットゲームなども24時間ぶっ通しで・・・(いや、それは精神的に無理だが(笑)) うぅ・・・夢が広がる〜〜♪常時接続によってできることがいろいろでてくるな〜〜。秋が楽しみです! 追記 フレッツ・アイ?なにそれ?うちの地域に提供しない?もういらんよそんな低速回線・・・ヽ(´Д`)ノ 続報!!(誰に?(笑)) 今先ほど、”秋じゃなくて8月末までにはご利用いただけると思います”との電話が!!ヽ(TДT)ノ」

 過去のつぶやき:〜1998.12〜1999.6〜1999.12〜2000.6〜2000.12          〜2001.6〜2001.12〜2002.6〜2003.6〜2004.12

感想など送っていただけると嬉しいです♪
用件: あなたのお名前: あなたのメール: 内容   写しを表示する


   秀の杜カルトクイズ
[an error occurred while processing this directive] [an error occurred while processing this directive]  11